教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムカツク!
ようこそ。

school-gtoです。
いつも購読いただきありがとうございます。

さてこのブログは、色々な教育問題の中
中学生をもとに投稿していきます。

また教師の本音の部分もあからさまに
記述していきますのでお楽しみに
購読していただければと思います。

?PR????????????????????????
自分の人生を知らないうちに諦めていた中年サラリーマンの私が
このHPに出会ったおかげで
       http://a-soho.main.jp/hp/zird/
新しい生き方を見つけ人生切り開き諦めから脱出できました♪
????????????????????????PR?

先日の女子中学生の揉め事の後日談です。

まあ,その翌日は,悪口を言うこともなく
全員登校して,表面上は落ち着いて見えました。

だけどですね,この「表面上落ち着いて見える」のが
実は曲者。

落ち着くわけないんですよ,この「多感な年頃の女の子たち」が!

根に持ってます! むかついてます!
ただ,担任の私の目を気にして
落ち着いているだけです。

私の存在は,ただ,表面的に落ち着いた状況を
作っているに過ぎません。
根本的な解決方法は,やはり彼女たちの
気持ちが変わるしかないんです。

「人の悪口を言って,どうしていけないんですか?」
という子の家庭は
人の悪口で,家族の会話が成り立っている様子です。
「お母さんはお父さんや近所の人の悪口を言います。
       お父さんは会社での愚痴をこぼします。」と,
そういうことを,その生徒は言いました。

大人が「悪口を言わない」姿勢を示さないと
子どもの心も変わりません。

私たち教師は,子どもに
「心の持ち方」「よりよい生き方」の提案はできますが
子どもの心を育てていくためには
家庭の協力が不可欠です。

今日,先に悪口を言われた生徒が
私に手紙をくれました。
「先生,あの人反省してませんよ!ムカツク!」って。

まだまだ,私たち教師にやることがあるようです。
がんばるぞー!

[PR]
面倒くさがり屋の主婦の私が
ココで探したビジネスで
借金生活よりおさらば出来ました♪

スポンサーサイト

テーマ:子育て - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。