教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王の教室の矛盾点
ようこそ。

school-gtoです。
いつも購読いただきありがとうございます。

さてこのブログは、色々な教育問題の中
中学生をもとに投稿していきます。

また教師の本音の部分もあからさまに
記述していきますのでお楽しみに
購読していただければと思います。

☆PR☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
自宅にいながら副業で,収入が欲しい!と 思っていた
根っからの不精で面倒くさがり屋の普通の主婦の私が,
たくさんの副業の中から探し当てたのがこちら!ビンゴでした!
     http://a-soho.main.jp/hp/zird/
自宅での仕事で,毎月の支払いに悩まなくなりました!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆PR☆

ようこそ。

さて,土曜日の夜には,女王の教室がありました。
矛盾点を発見。

そもそも,卒業認定をせずに,卒業証書を出すなんてことは
ありえません(笑)

3月始めに,小学校も中学校も義務教育の教育現場では
「卒業認定会議」が行われます。
卒業を延期させられる生徒はいませんから,形式だけの
会議でしょうが,それでも,不登校の生徒達の情報交換などが
ここで行われます。

卒業を認定するのは,校長です。担任ではありません。
(番組を見ていないので,もしかしたら,女王先生は
校長を言いくるめたのかも知れないけど。)

卒業証書は,卒業生台帳という,正式文書の記載に基づいて
浄書されます。

生年月日 氏名 授与年月日 卒業生番号 などが
記載されていますし,卒業証書専用の
公印も押されます。

担任一人で,卒業証書を作成して渡すなんて
ありえませんね????。


しかし・・・・・・空恐ろしい番組ですね。
教育の現場からかけ離れすぎています。

金八先生は,現場と近かったので共感できたんですが
女王の教室は,かけ離れすぎています。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。