教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ぼくじゃありませんよ!』
ようこそ。

school-gtoです。
いつも購読いただきありがとうございます。

さて,今日は「『ぼくじゃありませんよ!』]の
話をしましょうね。

このブログは火・木・土で更新します。

☆PR☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
自宅にいながら副業で,収入が欲しい!と 思っていた
根っからの不精で面倒くさがり屋の普通の主婦の私が,
たくさんの副業の中から探し当てたのがこちら!ビンゴでした!
     http://a-soho.main.jp/hp/zird/
自宅での仕事で,毎月の支払いに悩まなくなりました!
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆PR☆

ようこそ!

昨日のことです。

朝の学級活動,いわゆる「朝の会」に行こうとして
職員室を出て,ふと見たら,
廊下の出窓に飾ってあった植木鉢が,下に落ちていて
それをまたいで行くたくさんの生徒達を見つけました。

「おい!ちょっと待って!」と声をかけたらば,
即座に

「ぼくじゃありませんよ!」という返事。

おいおい・・・・・・。

私が言おうとしたのは,
「誰が落としたんだ?」ではなく,

「なぜ,落ちている植木鉢を拾おうともせずに
こぼれた土と,鉢から出ている花をまたいでいくのか?」

ということです。
人は,だれでも失敗をします。
私は,失敗は叱りません。
誰にでも起き得ることですから。
だけど,問題はその失敗の後始末の仕方です。

今回の件で,一番良くないのは
落としてそのまま,知らん振りをして逃げた生徒。

次に良くないのは,自分が落としたのではないからと
平気で知らん振りをして,植木鉢をまたいで行った生徒。

ひき逃げや困っている人を見ても知らん振り。
大人社会の縮図が,学校にはあります。

では!

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。