教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教師に可愛がられるには?
ようこそ。

さて,今日は「学校で教師に可愛がられる」
話をしましょうね。

このブログは火・木・土で更新します。

●PR●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
自宅にいながら副業で,収入が欲しい!と 思っていた
根っからの不精で面倒くさがり屋の普通の主婦の私が,
たくさんの副業の中から探し当てたのがこちら!ビンゴでした!
     http://a-soho.main.jp/hp/zird/
自宅での仕事で,毎月の支払いに悩まなくなりました!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●PR●

昨今のマスコミ批判が影響して,
教育の現場は本当に働きにくくなりました。

サラリーマン教師が増えてしまったのも,
この働きにくさが原因だと思います。

少なくとも私が教師になったころは,
もう少し教師の威厳も尊重されて,
いい意味で教育がしやすい環境でした。

そういう働きにくい環境の中で,
教師がストレスを感じないはずはありません。

教師も人間ですから,生徒の好き嫌いがあります。
いくら理想論を述べたとしても,
教師も人間ですから「限界」があります。

もちろん,ひいきはいけないことだと
重々わかっているので露骨なひいきはしません。
でも,心の中で「かわいくない生徒」もいるわけです。

あなたのお子さんは,どちらがいいですか?
可愛がられる生徒と,疎まれる生徒。

さて,次回からしばらく
教師に可愛がられる秘策の話をしますね。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://schoolgto.blog8.fc2.com/tb.php/3-7966d2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。