教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これってどっちの責任???
テレビの番組で,気になる話を小耳に挟んだので
ちょっと書きますね。

佐賀県の中学校の話です。


佐賀県の中学校に講演のために,
ある文筆家が訪れました。

おそらく,家庭生活の話か,思春期の話なんだと思います。

中学校では,学校までわざわざ講演に来てくださった講師の方に
「お礼状」や「感想文」を生徒に書かせ
それを届ける,という作業は,日常的によくあります。

問題は,ここから。

この文筆家...…
この生徒たちの作文をもとに,本を出版しました!

生徒の名前はイニシャルですが,学校名は実名で記載。

当然,その作文の中に書かれている家庭生活の様子や
親の様子など,個人を特定できる中身だったんですね。

当該中学校の校長は,
「プライバシーへの配慮が足りなかった。作文を送ることが
こうなるとは思わなかった。」と言っています。

そうです。学校現場では,まさかその作文をネタに出版されるなんて
思いもしません。

私も思いませんでした。

講演に来てくれた講師へ,感想文を送った学校が悪いのか
生徒の作文を利用して出版したその文筆家が悪いのか…...
しばらくまた,マスコミの「学校たたき」を
眺める日々になりそうですね。

出版社も文筆家もマスコミの一部。
マスコミの仲間ですから,自己弁護するでしょう。

「学校が悪い!教師が悪い!」って
学校の責任にしておくと,気が楽ですからね。

この記事だけでは何も判断ができかねますが,
http://www.asahi.com/national/update/1219/SEB200612180021.html
作文を全校生徒に書かせたら,全員分送るってことは
まずありません。
教師が選択して送ります。

この,文筆家と知り合いだという教師が,
どの程度まで話したのか,そこが知りたいですね。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。