教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きました!予告手紙
昨日のブログで書いた件ですが,
今日,届きました。文科省から。

おそらく日本全国の小中学校に行っていると思います。

この手紙の筆跡や内容を見て,
心当たりはないか?ということです。


早急に対応が必要な事例だと思うのですが
この次に心配なのは,
今回の件を真似た行為が増えないかということです。

真剣にいじめに悩んでいる子たちが
まねするのはいいんですよ。

どこかに救いの手をさしのべるのですから。


でも,問題は,中学生ともなると
「愉快犯」が出てきちゃうんですね。

ピーターと狼という話の中でも,
いつも嘘をついていたピーターは,最後には
誰からも話を聞いてもらえなくなります。

愉快犯に紛れて,本当の苦しみを抱えた子が
悩み傷ついて救いの手をさしのべているのに,
気づいてやれない大人が増えるんじゃないかな?って

子どものサインを,見逃さない教師でいたいと思っています。





スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。