教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめが起きたときに,親はどう対応するか。
今日も,いじめについて。


私も子どもがいる親です。
今日は教師としてではなく,
親としていじめに対処していく場合


どうしたらいいのか考えました。


まず,親が冷静でなければならないって思いました。
冷静さを欠くと,対応を間違いかねませんからね。

それから,学校に対して,
いじめの実態調査を申し入れる。

まず!!私の考えは,
いじめは,いじめるほうが悪いんですよ。
いじめられるほうにも非があるっていう論議を
いじめた側はしたがりますが,
それは,いじめたことの大義名分がほしいだけです。
許されることではありません。
そう私は思います。


だから,いじめられる子に原因があるという報告は
まったく必要ないと思います。

どうしたら,その子からのいじめがなくなるかっていう部分だけに
焦点をあててくれと申し入れると思います。


よく学校では加害者も被害者も同じ立場で対応しがちです。
その場しのぎで,被害者も謝らせてしまうっていうことが
多いような気がします。
いじめも
「お互いに言い分があるから,一緒に謝りましょうね。」って。

冗談じゃない!

いじめは,いじめたほうが悪いんですよ。

私はそう思います。

いじめられた結果に焦点が集中しがちですが
それよりも根本的根の部分をしっかり学校も教師も
把握する作業が必要だと思います。












スポンサーサイト

テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。