教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ自殺「先生もいじめたから」
福岡県筑前町立三輪中2年の男子生徒(13)が
いじめを苦に自殺した問題で、
同級生が
「先生がからかっていたので,自分たちもしていいと思った。」
と,遺族に告白しているそうです。


ここで,責任のなすりつけあいは見苦しいですよね。

本来なら,中学1年ともなれば
十分な「していいことといけないこと」の区別ができるはずです。


この子どもたちには,
「正しい,自分の正義感や価値観」が育っていなかったことになります。

もしも,教師がいじめていたとしたら,
「やめてください」って言えないのでしょうか。
ほかの教師に相談できなかったのでしょうか。


昨年度の担任は,今年は学年主任だそうですね。

校長の校内人事は,どういう基準でされているのでしょうか。


子どもは,親に心配をかけまいとして,
本当につらいことやきついことも
言わないことが多々あります。

子どもの様子を観察していくことも
私たち教師を含めて,大人はしていかなくてはならないと
思っています。



スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。