教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集中力に欠ける生徒
ようこそ。

さて,今日は「集中力に欠ける生徒」の
話をしましょうね。

このブログは火・木・土で更新します。

●PR●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
自宅にいながら副業で,収入が欲しい!と 思っていた
根っからの不精で面倒くさがり屋の普通の主婦の私が,
たくさんの副業の中から探し当てたのがこちら!ビンゴでした!
     http://a-soho.main.jp/hp/zird/
自宅での仕事で,毎月の支払いに悩まなくなりました!
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●PR●

今日は,集中力に欠ける生徒の話を。

最近の生徒達には,集中力に欠ける生徒が多くなりました。
一時間の授業時間フルに集中させることは
まず困難だと言っても過言ではありません。

集中力がないので,授業の成就感や達成感を味わうことも
ないのだと思います。

ADHDと呼ばれる,注意欠陥・多動性障害だと
言われる生徒たちとはまた異質です。
ADHDの生徒達は,行動が不適応を起こすほど
子どもの発達段階と不釣合いである場合をいいます。

単に集中力に欠ける生徒とはまた一線を画して
考えなければなりません。

私は,生徒達の集中力が持続しない原因に
テレビの放映構成時間に問題があると思っています。
12?13分で,必ずコマーシャルが入る状態は
子どもの集中力が,そこで一回切れるんですよね。
こういう12?13分の集中状態を
生まれてからずっと,これまでテレビから
授けられたわけですよ。
授業の50分間を,精一杯集中しなさいと言うほうが
無理でしょうね。

教師側も,この点は心得ていて
集中力が切れかけたら,適度な
脳みその気晴らしを図ります。

やっぱり,週に一回でもいいですから
テレビのない夜を子どもには
すごさせたいものです。

では。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。