教師が本音で中学校内部を語る!
中学に入学するお子さんをお持ちの保護者の方!このブログでは,日本の平均的中学校の日常の様子や,中学校に通わせるときの「コツ」などをご紹介します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかよしとなかよし親子のちがい
ようこそ。

school-gtoです。
いつも購読いただきありがとうございます。

さてこのブログは、色々な教育問題の中
中学生をもとに投稿していきます。

また教師の本音の部分もあからさまに
記述していきますのでお楽しみに
購読していただければと思います。

?PR????????????????????????
自分の人生を知らないうちに諦めていた中年サラリーマンの私が
このHPに出会ったおかげで
       http://a-soho.main.jp/hp/zird/
新しい生き方を見つけ人生切り開き諦めから脱出できました♪
????????????????????????PR?

先日,お話した「なかよしとなかよし親子のちがい」について
お話します。

保護者と話すときに,
よく,自慢げにこう話すお母さんがいらっしゃいます。

「うちは,おやこ仲がよくて,
こどものことをよく理解しています。
とても仲良しで,友達感覚です。」

これがそもそも大間違いです。

親子と友達とは,まったく違う人間関係なのだということを
大人が自覚しないまま子育てをすると
子どもは,大人を敬いません。
親を大事にしません。

私は,こういう保護者の方には,
お話をさせていただきます。

「なかよしと,仲良し親子は違うんですよ。」

という,お話です。

友達は,お互いを高め合って,慰めあって
より楽しく人間関係を築いていきます。
喧嘩もあるし,いさかいもおきます。

だけど親子関係は,ここに
「しつけ」や「人としての行き方」まで
いわば,その家庭の人生哲学までも
植えつける存在です。

ただの仲良しでは,「しつけ」はできません。
こどもと喧嘩したくないために
「こどものいいなり」になっているご家庭が
実に多い。
嘆かわしいことですが,
子どもが悪い事をしても,見てみぬ振り。

叱るのは「先生の役目・癒すのが親の役目」と
言語道断の話。


自分の子どもと話すときに
どうして,「親」が折れなきゃいけないんですか?
ご家庭の子育ての方針がありますか?

どうぞ,これを読まれた親御さんには,
「仲良し親子」を目指していただきたい。

「親子」なんです。ともだちではないんです。

では!

[PR]
面倒くさがり屋の主婦の私が
ココで探したビジネスで
借金生活よりおさらば出来ました♪


スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。